その他辞典

換気

換気は住まいの健康にとってもっとも大切な要素です

本ホームページで取り上げた結露やカビ、シックハウス症候群を防ぐには換気がもっとも重要だと言われています。換気をすることで、カビの原因となる結露を予防し、カビやシックハウスによる人体への影響をなくすことができます。換気は住む人の健康ばかりでなく、家の健康も守ります。

自然換気と機械換気

生活空間に空気の流れをつくる

換気とは、汚れた空気を新鮮なものに入れ替える事を言います。
窓からの換気だけでなく、風圧によっても建物や窓、扉の隙間から空気の循環が起こります。また、内と外とで温度差がある場合も、自然と空気の出入りが行われます。寒い冬は特に起こりやすく、室内の暖かい空気は上昇し天井付近の隙間から外に出ようとし、冷たい空気は床付近の隙間から室内に入ろうとして空気が循環されます。このような自然の力による換気を自然換気と言います。
しかし、自然換気は隙間風や風力の大きさ、また温度差に頼る換気の為、生活に必要な量をコントロール出来ません。定期的に窓を開けて換気を行う事が必要です。

2003年7月建築基準法が改正され、その改正内容には揮発性有機化合物(ホルムアルデヒド)の低減対策が盛り込まれています。原則として、2時間で部屋の空気を強制的に入れ替える換気システムが義務付けられました。この換気システムの設置により、常に安定した換気が行え、その量もコントロールすることが出来るようになります。
このような機械の力による換気は機械換気と言われ、室内だけでなく床下にも利用されています。床下のような狭い空間では、空気の循環が起こりにくく、また住人による意図的な換気も難しい為、多湿になりやすい床下では機械を利用した強制的な自動換気が利用されます。

生活空間に空気の流れを作り、新鮮に保つ事で様々な住まいの問題が解決出来る為、換気は人と住まいの健康にとって、もっとも大切なものと言えます。

機械換気の種類

新築住宅での設置が義務付けられました

機械換気は換気扇と送風機とで、必要な時に安定した換気量を供給できます。
その使い方により3種類の換気方法があります。

1. 第1種換気 給気と排気を共に換気扇で強制的に行います。
特徴
もっとも確実な給気と排気が行えます。室内に入る空気(+の圧力)と外に出る空気(-の圧力)をコントロール出来る為、気流の方向や制圧が簡単に行えます。
用途
高気密化された住宅やビル
2. 第2種換気 給気を換気扇で、排気を排気口で行います。
特徴
換気扇で室内に押し込んだ空気が、自然と排気口から押し出されます。清浄な空気のみを送り込むことで、汚染物質を寄せ付けない為、部屋を清浄に保つ事が出来ます。しかし、室内にプラスの圧力が掛かり、湿った空気を壁の内部に押し込んでしまうと内部結露が起こる為、断熱化住宅では使用が出来ません。
用途
半導体の製造工場や病院内のクリーンルーム(防塵設備の部屋)
3. 第3種換気 給気を給気口で、排気を換気扇で行います。
特徴
熱気や臭気などの出るキッチンやトイレの様な、汚染空気の発生する場所に設置する事で、他の部屋に広まる前に外へ流し出すことが出来ます。湿った空気が取り込まれにくい為、内部結露も起こりにくくなります。費用も安く、一般の住宅ではよく用いられます。
用途
トイレ・浴室・キッチンなど