住宅劣化対策提案/施工

建物は定期的に状態を確認し、適切なメンテナンスを行うと必ず長持ちします。
また、劣化の状態を早期に発見することで、大掛かりな修繕を回避できる場合も。大切な住宅の資産価値を守り、長持ちさせるため、劣化に備えた対策をプロの視点から必要に応じてご提案いたします。

主な劣化の症状とメンテナンスの目安

建物に使われている様々な材料は、経年とともに個別のスピードで劣化します。劣化部分からの雨水の内部浸水や、シロアリの被害により建物の耐震強度が低下する場合もあります。

メンテナンスのタイミングを上手に見極めて効率的に手入れをしていくことが、修繕費用や手間を抑えるコツになります。

部位 主な劣化の症状 メンテナンスについて
床下
  • シロアリ防除薬剤の効力の低下による蟻害(シロアリ防除の保証は5年間)
  • 床下木材(土台や床組み)などの湿度による腐朽
  • 給排水管設備などからの漏水
【時期の目安】5年ごと
  • 定期的な検査の実施
  • シロアリ防蟻工事(5年保証)
外壁
  • 壁面のひび割れ(クラック)
  • 表面塗装やシーリングの劣化
  • 美観にかかわる塗装の変退色や汚れ、カビやコケの発生
【時期の目安】10年ごと
  • 定期的な検査の実施
  • 外壁塗装とシーリングの打ち替えなど
バルコニー(ベランダ)/屋上
  • バルコニーや屋上の防水層やトップコートの劣化
  • 外部の木部や鉄部の腐朽やサビ
【時期の目安】5~10年ごと
  • 定期的な検査の実施
  • トップコートなどの塗り替え
  • 木部・鉄部の塗装
屋根
  • 屋根塗膜の剥がれ、色あせなど
  • 屋根材のひび割れ
  • 瓦外れ、瓦や漆喰のひび割れ
【時期の目安】10年ごと
  • 定期的な検査の実施
  • 屋根の塗装
  • 瓦漆喰の補修 など
屋根裏
  • 雨漏れによる木部の腐朽
  • 接合金物の腐食
【時期の目安】5年ごと
  • 定期的な検査の実施
  • 屋根の塗装・補修

3大不具合にそなえた検査の重要性

劣化で起こりやすい住まいの3大不具合は、『雨漏れ』『水漏れ』『シロアリ』です。
これらが原因となり不具合が起こりやすい箇所は、適切な時期を検査をして、状態を把握しておくことがもっとも重要です。

適切な時期に確認をしておくと、早期に修繕に必要な部位とそうでない部位の確認ができるので、最終的には手間やコストを最小限で抑えることができます。
検査をせず、不具合が出てきてから対策を行うと、状態が悪化してからの修繕になるため、手間やコストがよりかかりやすくなります。

劣化対策のご提案例

シロアリ防除施工

シロアリ防除施工

床下を中心とした箇所にシロアリの予防及び駆除を行います。蟻害による腐朽や劣化を防ぐため、5年間保証の付くアフター管理で、継続的に建物をシロアリの被害から守ります。ご家族の健康管理から薬剤を好まれない方にも安心してお選び頂ける方法を取り揃えております。

シロアリ防除施工サービスはこちら

住宅診断/建物検査

住宅診断/建物検査

建物に精通した有資格者が専門的な視点から住宅の劣化状況など、維持管理に必要な箇所の検査・アドバイスを行います。 検査やメンテナンス履歴は家歴書(住宅履歴情報)にて管理し、次回の対策などに備えます。

住宅診断/建物検査サービスはこちら

外壁塗装工事

外壁塗装工事壁面の劣化箇所(ひび割れやチョーキング、シーリングの劣化など)から浸水して起こりうる、建物の腐食やカビ、シロアリの誘発を防ぐためにも、適切な時期に防水や美観維持を目的とした塗装工事を行います。

防水工事

防水工事屋上やバルコニー、ベランダなど劣化箇所(ひび割れなど)からの浸水して起こりうる、建物の腐食、カビの発生、雨漏り、シロアリの誘発を防ぐため適切な時期に防水を目的とした工事を行います。

気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。資格を持ったプロが対応いたします。