住宅診断/建物検査

当社では、国土交通省の「いえかるて」に基づいた「家歴書ネット」というシステムでメンテナンス履歴や施工写真を残すことにより、お客さまの大切な家の情報を備蓄、管理しています。
メンテナンスの2大要素は、「住宅検査」と「住宅履歴書」になります。

住宅長期活用を目指す時代の流れ

ご存知ですか?住宅の価値は「維持管理履歴の有無」が大きく関係します。

2007年5月、政府は長持ち住宅を目指し『200年住宅ビジョン』を提唱。これにより、日本の住宅市場はそれまでの「戸数確保」から「質確保」へ政策の舵が大きくきられました。
そして『長期優良住宅普及促進法』(2009年6月4日施行)では、長期優良住宅の認証基準に建築後の住宅点検(住宅診断)が義務化されています。
家の価値は、建物をどのように維持管理してきたかが重要視される時代になっています。

住宅診断とは
建物に精通した住宅診断士が、お客様の住宅を専門的な視点から、住宅の劣化状況など、維持管理に必要な箇所の検査・アドバイスを行う業務のことです。

当社の住宅診断(ホームインスペクション)/建物検査サービス

  • 住宅検査

    一級建物アドバイザーによる定期検査

    定期的に検査・補修・交換を行うことで、住宅の資産価値を維持できます。

    • 建物の健康状態をチェックするため、維持管理において必要な箇所の検査を行います。
    • 適切な時期に適切なメンテナンスができるようアドバイスいたします。
    • 検査後に報告書を作成し、お客様にお渡しします。
  • 住宅履歴書

    家歴書ネットによる情報の備蓄・管理

    住宅の価値を左右する住宅履歴書を、お客様に代わって保管し管理することができます。

    • 家歴書ネットとは、検査履歴や写真などを備蓄できる管理システムです。
    • 長期優良住宅におけるメンテナンス履歴情報として、国土交通省が推進する『いえかるて』への反映も可能です。
    • 定期検査の情報は全てこの家歴書ネットへ記録していき、適切に管理します。