住宅辞典詳細

125_ext_02_0.jpg
形態
成虫の頭部には口器が細長く伸びている。吸血する蚊は産卵をひかえたメスのみ。
生息場所
外にできた水たまり(下水溝、側溝、池、防火用水など)から発生する。一般的に見かけられるのは、夜部屋の中で飛び回るアカイエカや、公園や庭など茂みにいるヒトスジシマカ、都会や地下街に生息しやすいチカイエカなどが多い。
被害
普段は、樹液や花のミツ、草の汁を主食としているが、産卵をひかえた雌がその栄養補給に動物や人間を吸血し、その箇所にかゆみを残す。 チカイエカに刺されアレルギーを引き起こす例も報告されている。
形態
初夏~秋
駆除方法 成虫対策としては、市販の殺虫スプレー、電気蚊取り器、蚊取り線香のいずれも効果がある。
予防方法 夕方涼しくなったら、戸はすぐ閉めるか網戸にする。庭や家のまわりに水のたまりやすい場所がないかを確認し、たまった水はこまめに捨て、雨水ますには網を取り付ける。寝るときには蚊帳の使用する。
応急処置 刺されたら、引っかいたりせず、虫刺され用のかゆみ止めを塗る。