害虫辞典

虫の発生時期、分布地域、形態、発生場所、被害と駆除の方法を紹介します。

種類 特徴
シロアリ イエシロアリ、ヤマトシロアリについて
アブ類 人や動物を吸血
アリ類 日本では、約250種類あり
イガ・コイガ 絹製品や毛皮・カーペット等、服飾品に穴をあける
カツオブシムシ類 カツオブシや煮干しなどの乾燥食品を食害する
カマドウマ類 床下や風呂場の浴槽下など、多湿な空間に生息する
カメムシ類 独特の悪臭を発する
カ類 人や動物を吸血し、かゆみと刺し痕を残す
キクイムシ類 羽化する時に小さな穴(脱出孔)をあける
クモ類 網を張る種類と、地上を歩き回る種類とに分けられる
ゲジ ムカデに似た形だが、毒を持たない
ゴキブリ類 食中毒菌や伝染病菌を媒介
コクゾウ類 貯蔵穀物をはじめ、加工食品を食害する
コクヌストモドキ類 最も普通な貯穀害虫、一般の家庭でもよく発生
シバンムシ 乾燥した植物質を加害する
ダニ類 あらゆる環境に生息
チャタデムシ類 カビの生える高温多湿時に、湿気のこもる部屋で発生
チョウバエ類 便所や台所、風呂場で発生、不快感を与える
ドクガ類 成虫や幼虫に触れると、皮膚がかぶれて炎症を起こす
ノミ類 家の中で人体につき頻繁に刺される
ハエ類 食べ物にたかって不快なうえ、食中毒菌を媒介
ハチ(スズメバチ)類 家の軒先等につくった巣に、触れたり近づく人間を刺す
ヒメマキムシ類 部屋の壁紙の表面に、茶色い虫が多量に発生
マメゾウムシ類 マメ科植物の種子を食べて育つ
ムカデ類 虫に気付かず触って咬まれる。咬まれると非常に痛い
ヤスデ類 梅雨など雨の多い時期に、多数が部屋の中に入ってくる
ワラジムシ・ダンゴムシ類 庭石や落ち葉の下、湿った土の中等に生息する